夢のマイホームと賃貸住宅どちらが得か?

happy-home

一生涯で一番高い買い物マイホーム。長い間持家を持つことは多くの人の夢でした。

 

しかしバブル崩壊で土地神話が崩壊し、持家を所有しても長いデフレで資産が目減りしたり、ライフスタイルも多様化するなどして、必ずしも持家を持つことが良いことばかりと言えなくなりました。

ところがまたここへきて潮目が変わってきたかもしれません。

 

アベノミクス、日銀の金融緩和、円安などで、デフレが終焉するかもしれないのです。

 

今後日本経済がインフレということになれば土地、マンション等不動産価格の上昇が見込まれます。

 

都心などではマンション価格が上がり、またよく売れているとも聞きます。

 

不動産価格の上昇は都心から地方へ広がる性格があります。

 

もっとも、このままデフレに逆戻りという恐れもあります。

 

また仮にデフレを脱しても日本経済が右肩上がりに拡大して、庶民の懐がどんどん暖かくなるというのは考えにくい話で、終身雇用の形もどんどん崩れて長いローンを組むリスクは低くはありません。

 

【メリット】

持家

マイホームを持った満足、安心感が得られる。

資産になり値上がりも期待できる。

将来売ることも出来るし、子や孫に残すことも出来る。

老後に家賃の支払いが無い。

 

賃貸住宅

住宅ローンの心配がいらない。

住まいの維持費がかからない。

気に入った物件があれば引っ越しが出来る。

ライフスタイルに合わせて居住地を移せる。

 

 

【デメリット】

持家

長期のローンと共同生活となる。

リフォーム、修繕などの維持費がかかる。

住み替えが難しい。

デフレにより資産価値が下がるリスクがある。

災害により損壊を受けるリスクがある。

 

賃貸住宅

一生家賃を払っても自分の物とならない。

年金暮らしの毎月の家賃の支払いは重荷。

あくまでも他人の物なので入居、退去が思い通りにならないこともある。

 

 

★どちらにもメリット、デメリットがあり一概にどちらが良いと決めつけることは出来ないですね。

マイホームにしても、賃貸にしても生涯多額のお金が掛るのは間違いないところです。

結局ライフスタイルや価値観からそれぞれが自分で判断するしかないですが、大きな決断です。